ペダルを踏むと異音?早めに対処しないと。。。

皆様こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さて本日は、

「ペダルを踏み込むと、クランクのあたりからカチカチ音がする」

というお問い合わせ。

 

特に自転車にある程度の期間乗られている方であれば必ず経験があるのではないでしょうか?

こちらのの原因は殆どが、ペダル、クランク、あるいはボトムブラケットにある事が多いです。

 

14080829_881383518659957_1771001092_n

このあたりは人の踏力を受け止める部分。

要するに最も力が加わる部分です。

そして、力が加わるという事は、緩みが出やすいという事でもあります。

 

少しでも、緩みが出たまま放置してしまうと、ガタツキがひどくなり、ベアリングパーツやフレーム自体を傷めてしまうことになります。

今回のように、異音がしたらすぐにご相談いただくのが、今後長く乗るためにも、余計な出費をしない為にも重要ですね!!

 

さて、作業の流れとしては、

 

1.ペダル

2.クランク

3.ボトムブラケット

 

という順番で確認をしていきます。

「もし1のペダルが明らかに緩んでいれば、そちらで解決する可能性があり、最初から3まで分解する必要がなくなる」という考え方でもありますが、ただ今回はお客様の使用状況や症状の出方を考慮して、最初から3まで作業するつもりでいきました。

 

まずは8mmのヘックスでクランクのフィキシングボルトを緩めます。

クランクの固定力も緩めでしたので、こちらも異音の原因の一つであった可能性があります。

14054720_881383508659958_316193485_n

14012072_881383415326634_1883288835_n

次に、コッタ抜きで両側のクランクを外します。14081006_881383738659935_508454546_n

 

 

14030928_881383841993258_78891550_nだいぶ汚れていますね。

 

14089340_881383718659937_1028104801_nBBもこんな感じ。

 

こちらも取り外していきます。

 

 

このタイプのBB外し工具だったら、このBBBの工具、プルスター BTL-20Lが一番使いやすいです。

 

14080970_881383958659913_1223300368_n

 

嵌合部をなめてしまう危険をなくすために、BB軸に固定するためのボルトが付属しており、モンキーレンチで作業するときのように工具が途中で外れてしまう事がありません!!

14055643_881383821993260_1826344861_n

 

 

 

14089470_881384031993239_1351830852_n

BB本体です。グリスが変質し、まただいぶ汚れています。

 

14081379_881384065326569_25277145_n

BBシェルの中もこんな感じ。

 

BB自体には問題なさそうでしたので、全体的にクリーニング・グリスアップをして組み付けていきます。

14054821_881384088659900_1323029982_n

 

 

14089475_881384131993229_1238206801_n

 

幸いこれで異音はなくなりました。

 

 

みなさま

繰り返しになりますが

 

異音は放っておかずに、早めに対処しましょう。

 

早めに対処すれば、自転車を長い期間安全に保つことが出来ますし、余計な出費を抑える事にもなります♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください