国土交通省 東海道『箱根八里』における自転車利用環境創出実験

こんばんは、店主佐々木です。
珍しくタイトルの内容からご案内! 

11月12日(火)(雨天予備日20日水曜日)に国土交通省の東海道「箱根八里」における自転車利用環境創出実験として、モニターライドを実施します。
主催は箱根八里海藤観光推進協議会 社会実験委員会。Cycle Daysは『協力』として企画、情報収集、当日の先導・帯同、目的に沿った意見集約などでお手伝いさせて頂きます。
 
お陰様で募集定員に近づいておりますが、
もし興味がある方はお問い合わせくださいませ。

■実験の概要
東海道一の名所である「箱根八里」の街道・道路(国道1号、神奈川県道732号)資源の観光
化を促進し、先進的な観光地域づくりに向けた安全・快適なアクティビティによる観光地域の形
成のため、日本遺産「箱根八里」を活用したサイクルツーリズム(自転車旅)を創出する。
道路への路面表示の設置、自転車が安心安全に走行するための道路環境の創出、沿道施設への
サイクルラックや休憩所の設置による自転車利用者受入れ態勢整備の試行を行う。
また、周遊観光を促進するため、レンタサイクル等を活用した、日本遺産「箱根八里」の宿場
町・城下町関連の資源を巡るサイクリングルートを設定し、民間事業者やサイクリストと連携し
たガイドライドツアー(ガイド付き自転車旅)等の可能性を探る。
さらに、鉄道や路線バスを利用したサイクルツーリズムを推進するため、「箱根八里」を様々
な手段で巡り楽しむための仕組みづくりについて検証を行う。
併せて、バイパス供用により通過交通が減少した国道1号の道路空間等を「箱根八里」の沿道集
落の活性化に活用していくため、地域との協働による観光客の受入れ拠点整備の可能性を試行・
検証する。
 
 
 
 
まだまだほんの微力ですが、自転車というツールでこの地域に価値提供出来るように。
 
もちろん、自転車を楽しむ多くの方たちが安全に安心して楽しく走れるような環境を創造する一歩になれば!
価値提供といっても漠然としたものではなく、具体的な経済価値を生み出せれば理想だと思っています。  
 
 
機会を頂きましたNPO法人全国街道交流会議理事 山内様、そしていつもお世話になっている平井 丈夫 (Takeo Hirai) 様に重ねて御礼申し上げます。

 
 
そういえばCycle Days3周年お参りライドも箱根でした。
近いから当然なのですが、箱根エリアにはよく行きますし沢山の思い出が詰まっています。
国内有数の温泉観光地『箱根』にさっと行けちゃうって…!
この恵まれた環境に感謝しながら、
Cycle Daysとしての役割を果たして行ければと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください