BOMAもライトウェイもセール実施中。BOMA CIELも入荷!!

こんにちは!本日も元気に営業中!!

年末らしくたくさんのお客様にご来店頂いており本当に感謝です。


さて!!!!予定よりも早くBOMAの最軽量フレームCIELが入荷しました!!

4774A473-99D9-41F5-863D-C3D7762EBDC1BOMAフレームは年内オーダーで10%OFFでご案内いたします。

 

IMG_3781 IMG_3782ホイールは15%OFF!!

 

元々高品質低価格なBOMA製品が更にお得に。是非是非ご相談ください。

 

 

 

017325A7-44CE-4F2B-B6A2-BB249E91AB02 2E9D695B-D397-4AEB-AB17-28D2618CE77D 2C81425A-14A0-4367-A8B7-5DAEE22A1502 9FADCA53-5626-4457-89C6-3EC88B1BDD80 4EE48968-91B6-4BA0-9D5F-FC59B5709A59 26D643B6-E105-4A87-83E4-DF333A328729

また、Riteway Products JAPANのクロスバイク、STYLESとShepherd。オーダー頂いていた分が入荷!
ライトウェイの車体も10%OFFでご案内しますので、まずは試乗にいらしてください♪

 

IMG_3784

RITEWAY SHEPHERD2018、そしてALEXRIMSのALX473大人気!

こんばんは。本日雨にもかかわらず御来店、ご利用いただいた皆様ありがとうございました。
セールもあと二日、ぜひ皆さまお待ちしております!

 

さて、当店でとにかく人気なのがRITEWAYのクロスバイク。2018年にアップデートされたシェファード!

IMG_3040

IMG_3041 IMG_3042

こちらの車体についての魅力は以前こちらのブログにまとめましたが、

 

・街乗りからサイクリングまで色々楽しめる

・普段着でも乗れるおしゃれクロスバイク

・置いていても絵になるクロスバイク

・しっかりキビキビ走り、しっかり安全に止まれる

 

そんなクロスバイクです。

 

 

そして話題の軽量高コストパフォーマンスセミディープリムアルミクリンチャーホイール。

ALEXRIMS ALX473EVO。当店でも大人気。

A9DB8E28-0F22-4C39-8769-36959154CE9B

IMG_3039 IMG_3038IMG_2901 IMG_2916 IMG_3025 IMG_3026

 

47,000円(税別)という価格ながら重量1460g!!この重さでこの回転抵抗の低さでバランスの取れたホイール。カーボンリムホイールに比べると踏み出しに少しタイムラグはありますが価格は1/3あるいは1/4程度ですからね!あとフリーボディも最初は少し重いですが中のグリスが馴染めば抵抗が少なくなります。

 

前作よりも横剛性、ダイレクト感がアップし、加速時・ダンシングで横に振った時にも応えてくれます。22mmワイドリムで25Cのタイヤとの相性抜群。しっかりと様々な走りに応えてくれるホイールです。

 

ロードバイク購入後しばらく経ってグレードアップを考えている方。

ぜひぜひこのホイール、おススメですよ♪

他にもホイール、タイヤ、その他お客様の要望や目的に応じてグレードアップパーツのご相談お待ちしております!

 

 

 

 

晴れのち曇り、時々ねこ。朝活サイクリング

こんにちは!

本日も朝活サイクリング行ってきました。

今朝の朝日はまた綺麗で

IMG_2518

 

また日の出の時間が日に日に遅くなっていく事を肌で感じ、「もう今年もあと3か月かぁ」

なんて考えるのです。

IMG_2521

 

さて、今朝は平日ではありましたが朝活サイクリング、行ってきました。

昨日に比べると雲が多く、なんだかのんびりまったりな雰囲気。

IMG_2522

 

そう、きょうは晴れのち曇り。時々ねこ。そんなサイクリングでした。

 

IMG_2524 IMG_2523

 

 

サイクリングロードの真ん中で猫様ものんびりしてました。

 

 

 

 

 

稲刈りが終わったたんぼの、また色々と発見があって楽しいのです。

IMG_2525

 

 

また運の良いことに富士山の頭だけがひょっこり登場IMG_2526

 

そうそう、数週間前から酒匂川にカモが戻ってきていますよ。

IMG_2527

 

 

しかしなんだか今日のサイクリングは起業家のミーティングも兼ねていたような(-v-)

 

 

 

 

 

さてさて、一軒打ち合わせも終わり本日も19時まで店舗営業♪
皆様ご来店お待ちしております!

納車しました。2018RITEWAY SHEPHERDの魅力と他モデルとの違い。

こんにちは!

御礼が遅くなってしまいましたが、先日開催しておりましたRITEWAY ポップアップショップ期間中にご来店いただいた皆様、有難うございました。

IMG_2192週末が台風と重なってしまったにもかかわらず、悪天候の中でもご来店いただいたお客様が多数いらっしゃり感謝感謝です!!!(><)

そして、実際に体験して頂き、多数のオーダーも頂けました。有難うございます。

 

これから皆様のライフスタイルが、このRITEWAYのバイクによってちょっと素敵になりますように。

これからしっかりとサポートさせて頂きます。

IMG_2193

 

さて、本日はオーダーいただいたライトウェイ シェファード2018モデルの26インチ、マットホワイトを納車させて頂きました。

IMG_2488 IMG_2490

 

RITEWAYブランドに共通して言えるのは、「この価格にしてこの性能と質感??」というコストパフォーマンスの良さ。

そして、主張しすぎないブランド名、商品名に関してはもはや記さない!!(笑)

 

バリバリのスポーツ自転車を普段着で乗るスタイルも大好きですが

 

なんかこのシンプルなデザインが、様々な方に受け入れられ、一台目の自転車やセカンドバイクとして選ばれ始めています。

 

 

このシェファードはライトウェイクロスバイクの基本となるモデル。

今回から少しハンドルの位置を低くして、よりお尻が痛くなりにくくなりました。

前作に比べると、ママチャリしか乗ったことが無い人が乗ると 少しフラフラと安定させにくい感じがすると思います。

ただ15分~30分ほど乗るともう慣れます。

そして少し前傾がきつくなった事により、サドルにかかる体重がペダルやハンドルに分散されやすくなり、長時間乗ってもお尻が痛くなりにくくなりました。

 

朝活サイクリングツアーでも使用するので、初心者の方に20~40km程度の距離をいきなり乗ってもらう事になります。

IMG_2279 IMG_2275 IMG_2244 IMG_2223

前作に比べると、お尻や手の痛みを訴える方が格段に減っていますので、実際に狙い通りの効果が出ているのでしょう。

 

フロントの変速をなくし、よりシンプルに軽量にした2018モデル。

正直坂道の多い地域ではギアが足りないかもしれません。

そこはしっかりとお使いになる地域を伺ってご案内しますからね♪

 

フロント変速が無い分、より見た目もライドもシンプルに。また軽量になった分軽やかにサイクリングを楽しめます。

 

ちなみに、ライトウェイのクロスバイクには他にもSTYLES(スタイルス)、そして PASTURE(パスチャー)というモデルがあります。

 

 

STYLESはデザイン、存在感ではピカイチ!

まずはこのモデルが気になってご来店いただく方が多かったです。

1DE8B355-154A-47C8-8E8D-83262ADA649D 8B9F932D-0132-4236-BBAA-1D4B19B9FCA3 0E66DE63-CC67-4AFB-89B2-B5B874742827

SHEPHERDはアルミフレームに対して、STYLESはクロモリフレーム。

実際に乗ってみると体感できるレベルで乗り心地がマイルド。そしてペダルを漕いでいくと心地よくスピードが伸びていく感覚があります。ただやはり少し重いのと、きびきびとした反応性はSHEPHERDに軍配が上がります。

SHEPHERDの方が更に太いタイヤを装着しているので、段差などをより気にしなくて良いですね。

 

また、STYLESは少しハンドル位置が低いです。初心者の方はより慣れが必要。

それに比べてSHEPHERDは初めての方でもすぐに慣れて頂けます。

 

どちらもお勧めですが、それぞれお客様のご要望に合わせてご提案させて頂きます♪

(見た目の好みもとっても大事ですよ♪)

 

 

 

そしてPASTURE。

97D23F77-8F2C-4857-8810-0DB2348AA1F7 E82DE1F3-B324-49F3-B533-DCBF197771E4

こちらはSHEPHERDに比べ、より跨ぎやすいフレーム設計。よりリラックスした状態で乗れるハンドルポジションなど、普段乗りのクロスバイクとして洗練された設計になっています。

サイクリング、スポーツライドを楽しみたいならSHEPHERDかSTYLES。

普段乗りに特化するならPASTURE

というイメージでしょうか。

 

ただどのモデルもサイクリング、スポーツライド、普段乗りすべて出来ます。

それぞれの用途や好みなどを丁寧にあげてみて、その中から総合的に判断すると自分にピッタリのモデルを選ぶことが出来ると思います。

 

スポーツ自転車初心者の方、初めてのクロスバイクをお探しの方。

しっかりとサポートさせて頂きますので、まずはじっくりお話ししましょう(^^)

 

お待ちしております♪

 

 

 

 

 

RITEWAY ポップアップショップ9月22日まで展示・試乗車増強しております!!

こんにちは!

さて、自転車メディアFRAMEの記事でも紹介されましたが、9月15日~9月22日まで『ライトウェイポップアップショップ』として、展示・試乗車を増強してお待ちしております!!(記事ではなぜか16日~21日となっていますが。)

IMG_2193

 

期間中の展示・試乗車はなんと10台!!!!(記事ではなぜか4台と。。。頼むよライトウェイさん!!!(笑))

開業当初からもうプッシュしているLIFESTYLE BIKEというコンセプトで想いのこもったプロダクトを世に出しているライトウェイさん。

普段も6台(入荷待ち車体を入れると8台)の展示、試乗車をご用意しています。

そして現在は更に4台ライトウェイさんからお借りしておりますので、更に多くの種類・サイズ・カラーの車体をご覧いただけます。

 

特に今年のライトウェイは、身長によってフレームサイズだけでなくホイールサイズも変えています。

これまでよりもサイズによってハンドルの高さ、距離感や車体への収まりが大きく異なります。

既に試乗されオーダーされた方も

「実際にこれだけ乗れて試せたから安心」

と言って頂けました!

 

「私に違いなんてわかるかな。。」

なんていう方も、是非ぜひ一度乗りにいらしてください♪

FRAMEの記事に乗っていない展示・試乗車はこちらです♪

 

 

Pasture(パスチャー)

女性に大人気のかわいい、でもしっかり走るクロスバイク。

ミルキーなからーとシルバーパーツのコントラストが良い感じなのです(-v-)

初めてスポーツ自転車に乗る方でも、30分ほどで慣れ、一日で30kmほどサイクリングを楽しんで頂けました。

 

 

STYLES(スタイルス)

デザインで最もインパクトがあるのはこれ!!展示会でも一目ぼれしました。

各カラーによって、フロントフォークやその他のパーツカラーを変えてくるこだわりよう。

細身のクロモリフレームに光沢のあるカラー、シルバーパーツのアクセントで存在感抜群!

特にこのシルバーポリッシュ、この価格帯の自転車ではなかなか出来ないような仕上がり!!

 

Shepherdに比べると少し前傾姿勢がきつめなので、しっかりと試乗されることをお勧めします♪

うーん、格好良い!

 

 

Shepherd(シェファード)

これまでのシェファードシティを更に洗練させたモデル。

フロント変速を廃して、よりシンプルに軽量に。一台目のスポーツバイクとしてスタンダードになりうるモデル。

ブランドロゴをあえて最小限にし、普段着でも乗りやすいクロスバイクに徹する。

 

きっとあなたのライフスタイルを彩豊かに演出してくれるはずです。

 

 

是非一度見て・触れて・乗って・体感してみてください!!

 

 

 

IMG_2192

 

 

全国トップクラスのライトウェイ展示・試乗車!

こんにちは!Cycle Daysは新たにスポーツ自転車を始める方、「自転車のこと、よくわかんないんだけど。。」というお客様大歓迎です!

「そんなに本気でガツガツ乗りたいわけじゃないんだけど。。。」

「詳しくわからないけど、どんなものが合うのかまずは相談したい」

「そもそも自分にも乗れるのか不安。。」

なんていう方、ぜひ一度ご相談ください!

Cycle Daysが開業時から『LIFE STYLE BIKE』というコンセプトに惹かれ取り扱っておりますRITEWAY(ライトウェイ)ブランドのクロスバイクなど実際にご覧いただき試乗いただけます!!

試乗車・展示車合わせて常時20台ほどを展示中。

現在こちらの試乗車に実際に乗って体感いただけます♪

<2020年12月16日現在展示・試乗車>

・Shepherd City 500 Gross Titan Silver

・Shepherd City 460 Gross Navy

・Shepherd City 420 Gross Dark Olive

・SHEPHERD 700C MATTE BLACK

・SHEPHERD 26インチ MATTE RED

・Pasture 380 GROSS BEIGE

・Pasture 420 GROSS NAVY

・SONOMA ADVENTURE 500 GROSS TITAN SILVER

・GLACIER  MATTE NAVY

是非ご相談お待ちしております♪

眠っていたクロスバイクが復活!オーバーホール

今回はクロスバイクのオーバーホール。

暫く使われていなかった期間があるとの事でしたので、状態を確認して、しっかりと安全に乗ることが出来るようにメンテナンスをしていきます。

001

 

今回の作業手順は、

パーツ分解⇒洗浄⇒グリスアップ⇒組み付け⇒調整

 

まずはペダル、クランク、BBを取り外し。

フロントディレーラはEタイプ。一緒にはずします。

002

 

 

ボトムブラケットの状態は思ったより良く、表面のグリスはまだ残っておりベアリングはスムーズに回転しガタツキもありませんでした。

003

 

多少BB表面からの錆が付着していましたが、洗浄してグリスアップすれば問題ない状態です。

005

 

 

取り外したパーツはそれぞれ洗浄と必要に応じてグリスアップ、注油をしていきます。

006

 

 

ペダル・クランク・BBなどはトルクをかけて取り付け・取り外しをしますので、こういったワークススタンドに載せたまま作業をする事ができません。

ということで、それらが外れたことにより安心してワークスタンドへ。

007

 

そして前後ディレーラ、前後ブレーキやケーブルなどを取り外ししていきます。

 

 

ブレーキケーブルを触った時に違和感があったので見てみると、アウターケーブルのエンドキャップがついていません。

これではブレーキのタッチが悪く、また異物や水気も入りやすい。そしてハンドルが大きく切れたりしたときにケーブルが外れてしまう可能性もあります。

受け側によってエンドキャップを付けるものと付けないものがあります。

 

組み付けの際にはしっかり正しく組み付けます。

008

 

またフロントシフターの動作に違和感があったので見てみると、樹脂製のインジケータ(ピンクの帯状のパーツ)が割れています。経年劣化だと思われます。

動作を邪魔する恐れがあるので、これは取り外してしまいます。

011 012

 

 

フレーム各所に汚れがこびりついているのが良くわかります。

パーツを外すことによってしっかり細部までキレイにする事が出来ます。

009 010 013

Vブレーキの受け側の汚れはブレーキのタッチにも影響しますので、時々メンテナンスをしてあげると良いのです♪

 

 

同じようにブレーキ、ディレーラもトレーうつし、その後洗浄と注油へ。

*今回はブレーキパッドも交換なのでブレーキアームも同じトレーに置いていますが、ブレーキパッドがついた状態のブレーキアームの場合他のパーツと隔離します。

014

 

 

そしてフロントフォークとヘッドパーツも取り外してフレームだけにします。

そしてこらからフレームは洗浄の工程へ。

015

 

そうそう

こちらの車体、ヘッドパーツがうまいこといかず

玉あたりを強めるとハンドルが渋くなり、少しでも緩めるとガタが出るという。

 

パーツでも足りていないのかなと思っていたら、本来下側に入っているはずの樹脂パーツが上側に入っていたことにより、適切な玉あたりが得られていなかったことが分かりました。

 

016 017

 

どの時点で起こったのか。。。

 

*これは経験と推測で言っているだけですので聞き流してください*

整備士あるある、もっと言えば整備士試験のトレーナーあるあるなのですが、

七分組で入荷して組立をするとき、ステム・トップキャップを外した状態でフレームを倒したり、またステムやトップキャップが無い状態でフロントホイールを取り付けようとしてフォークごと抜け落ちて、ヘッドパーツが散らばる。。。という光景が。。(整備士は光景が目に浮かぶはず(笑))

これ、整備士試験、また整備士受験に向けたトレーニングキャンプで必ず数件あります。

もしかして、組立の段階、あるいは何らかのメンテナンスの際にパーツが抜け落ち、それを誤って戻してしまったのかなあ。。

*あくまで推測です。でもあるあるなので、ご自身でステム交換などされる際はお気をつけて!!わからなくなったら聞いてください♪*

 

 

 

さて、作業に戻ります。

ベアリング、フォーク、フレームヘッド部の汚れをしっかりと落してその後グリスアップ。組み付けていきます。

 

020

021 022

 

 

ボトムブラケットも同じように。

 

023 024

 

 

次はディレーラの洗浄の工程を。

ディグリーザ(樹脂に攻撃性のないもの!!)に浸してその後ブラッシング。

025 026

 

 

リアディレーラーはこのプーリーについて汚れがくせもの。といってもディグリーザーに浸した後マイナスドライバーなどで大きな汚れを取って、その後ブラッシングすれば取れます♪

チェーンのクリーニング時に定期的にやっていればウェスでも取れますので、是非定期的に実施しましょう。

028

 

ほら、こんなにとれた!!!

029

 

 

そのごディグリーザーと共に汚れを洗い流して、その後再度ナノテッククリーナーで洗浄しリンスしたらOK.

水気を切った後、稼働部に注油します。

030

 

 

そしてスプロケの洗浄も。

細かな傷がついているので「新品同様」とはいきませんが、きれいになります。

 

031 032

 

 

ホイールもチェック。ベアリングのグリスは残っていました(錆びもなく)が、汚れを取ってグリスを追加。

玉あたりを調整します。

034

 

 

 

そしてもちろん振れ取りも。

写真はタイヤ・チューブがついていませんが、タイヤ・チューブを取り付けて空気を入れるとテンションも振れも変化するので、再度確認してからフレームに取り付けます。

033

 

 

ブレーキの取り付け。

洗浄して、その後グリスアップして取り付け。

035 036

少し多めに塗って、その後余分なグリスをふき取ります。

 

ブレーキシュー組み付け時には油分が絶対につかないように。

037 038

 

 

ブレーキのアジャストボルト、シフターの可動部など必要ヵ所に適切なグリス、オイルを塗って組み付けていきます。

039 040

 

 

そして完了!!!(いつも最後の組み付け時スイッチが入ってどんどんやってしまって画像が少ない。。。^^;)

 

043

 

 

綺麗でしっかりと整備された自転車は気持ちが良いですね!!

自転車も喜んでいます(^_^)

042 044 045

 

 

 

以上で御座います。

最後まで読んで頂いた方、有難うございました!!