初回点検とドライブトレインのクリーニング&注油

皆様こんばんは。先ほど書いたブログの車体と同じNEILPRYDE NAZAREを初回点検とドライブトレインのクリーニング&注油でお預かり。

img_8220 img_8222

 

さて、先日チェーンのお話というブログ、大変反響がありました。

新品チェーンについているベタベタオイル。暫く乗って頂きましたので、これで準備万端。

しっかりとクリーニングして、適切なオイルを塗布します。

 

 

さて、使用するのはこちらのチェーンマシンとディグリーザー。

ユーザー様の評判もとても良いのでお勧めです。そう、チェーンマシンやディグリーザーもすべて一緒ではありません。

特にディグリーザー、使用方法などを間違えると面倒なことになる事も。(この辺を話すと本当に長くなりますので割愛)

005 004

 

 

 

 

まず、クリーニング前のチェーンの状態がこちら。(メンテナンスをしていないのではありません。この状態でしばらく乗ってくださいとお伝えしてこの状態です♪)

003

 

 

メンテナンススタンドに載せて、フロントギアをアウターに入れます。

これでチェーンマシンでのクリーニングがやりやすくなります♪

(ちなみに、全体を洗車するときも汚れがひどい場合にはチェーンマシンを併用します。)

 

002 001

 

チェーンマシンを装着。プーリーに引っかかるようになっていますが、一応左手でチェーンマシン本体を支えながら、右手でクランクを逆回転します。

006

汚れの状態にもよりますが、こういった新品チェーンについているオイルを落とす場合は

ディグリーザーでのクリーニング×2回

そして

水を入れてのリンス×2回

 

をやり、拭き取るときにウェスに何も汚れが付かない状態にします。

水を入れてのリンスにもコツがあるので、気になる方は是非お尋ねください♪

 

 

ちなみに、この工程に入る前に。リアホイールを外した段階でスプロケにディグリーザーを塗っておきます。

 

そしてチェーンの洗浄が終わりコンプレッサーでエアーを飛ばした後少し乾燥させている間に、スプロケをクリーニングします。

以前お伝えしたPEDROSのブラシを使用して、スプロケの間・隙間などの汚れをしっかりかき出して、その後ウェスで一枚ずつ拭いていきます。

このやり方でやれば、スプロケを毎回外さなくてもかなり綺麗になります。

*この時ディグリーザーがリムやタイヤなどについてしまった場合はすぐに拭き取りましょう*

 

009

 

完了です。

007 010

 

このあと撮影を忘れてしまったのですが、オプションでTeam SKyルブを塗りました。

img_8373 img_8371

 

フィーリングがかなり変わるはずです♪

 

それではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください