究極を求めるイタリアのレーシングシューズブランド【DMT】

先日、店主が個人的に導入する為に(笑)試し履き用に幾つか取り寄せたDMTシューズ。

そう、DMTシューズはなかなか在庫している店舗が多くありません。高額なのとサイズ割りがより細かいので、なかなか在庫するのが難しいのです。

そんな時に嬉しいのがDMTの試し履きシステム。購入前に実際に試着して、サイズ感やモデルによるフィット感の違いなどを確認できます。

身に付けるものは、必ず試着してから出ないと失敗してしまうこともあります。特に上位グレードのシューズなんかだと失敗出来ませんからね!またフラッグシップモデルのR1はハーフサイズの用意もあるのです。DMTシューズの購入を検討されている方は是非一度試着をお勧めします。

ちなみに僕はこれまでSHIMANO、MAVICではサイズ44でしたが、R1では43.5がピッタリでした。足長は左27.3、右27.6でWidthは2Eです。
元々R3でも良いかなぁ〜と思っていましたが(画像左端)R1(画像右二つ)に足を通してみたらもう全然違います。

たまに「boaクロージャーのシューズは固定力に難がある」というレビューがあったり、実際にそういうモデルもありますが、このR1はストラップやラチェットでは得られないような、「全体的に包み込みながらしっかり固定する」事が出来ます。また、通常はboaシステムを使用しているものは締める方向にしか微調整出来ませんが、R1に使われているものはこのboaダイヤルを固定と反対向きに回せば緩める方向にも微調整出来ます。

足とシューズの間でのパワーロスは少なくありませんので、しっかりとフィットするものを選びたいですね!!

今回メーカーの価格改定で大幅に値下げもされましたので、是非是非この機会に足元をグレードアップ。DNTシューズの導入をしてみてはいかがでしょうか?

DMT公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください