ビーチクルーザーの修理

今日はビーチクルーザーの修理を実施したのでその模様をお伝えします♪

 

お客様からは「ブレーキが効かない」 「チェーン周りから異音がする」

という事でしたのでまずはチェック!試走もしてみます。

ブレーキに関してはドラムブレーキが劣化により異音がして、さらに制動が安定しない状態。加えてフロントはちょっとブレーキをかけると物凄い音が。。この辺りは調整で直すとして、

 

今日のメインはチェーン周りの異音について。

今回の異音、チェーンのサビや伸びも影響しているとは思いますが、一番の原因はボトムブラケットのガタ。
ペダルが付いている『クランク』というパーツ。その回転を支えているのがボトムブラケットです。ペダルを踏む力を受け止めてスムーズに回転させるというとても大切な役割を担っています。

乗っているとどうしても緩みが出ますし、そのまま放っておくと破損してしまう事も。
という事で今回はこのガタつきを直していきます。

まずは作業しやすいように右側のチェーンガードを取り外します。


その後左側のペダルを外し、クランクを止めているロックナット、ワッシャーを外していきます。(逆ネジ注意)

そしてベアリングの圧力を調整しているアジャスタブルコーンを外していきます。

するとこのように左側のベアリングが露出してきます。

そのままアジャスタブルコーンとベアリングを取り外します。


その後、クランク全体を右側から抜き取ります。

そう、ビーチクルーザーのクランクは左右が軸で繋がっているユニークな形状!


 

その後パーツの洗浄とグリスアップを実施していきます。



ベアリングはもちろん、カップの中もしっかりと洗浄。 


その後たっぷりとグリスアップして組み付けていきます。


あとは取り外しの逆の順序で組み付けます。

ベアリングの玉当たりは、クランクを手で回すと少し抵抗を感じるくらいに調整します。(これは車種やどういうベアリングが付いているかによってかなり変わります)

 

試走してみると、ガタつきは完全になくなり異音も無くなりました。

その後チェーンの調整、注油を実施。

ブレーキも調整してかなりコンディションはよくなりました。

 

これで気持ちよく乗っていただけます!

ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください