KUOTA KHARMAのオーバーホール  前編

本日はKUOTA KHARMAのオーバーホール。

こちらの車体とは前職の時に納車してからのお付き合い。私の勝手で前職を辞め、海外修行に出てしまっていたのですが、こうしてまた私の所に持って来てくださる事に感謝。


さて、まずは作業を進める前に洗車。綺麗にしないと始まりません。

まずはディグリーザーで油汚れの酷い駆動系、ブレーキ付近をクリーニング。

PEDRO’Sのオレンジピールズは頑固な油汚れも落ちやすく、また水で薄める事によって強度を変えられるのがGood!

ツールボトルに入れたディグリーザーをハケで塗っていきます。


駆動系は多めに、染み込ませるように塗るのがポイント♪

必要に応じてブラッシングも忘れずに。スプロケットにもしっかりと塗布しておきます。
その後は泡立てた石鹸水をスポンジに含ませて全体を洗っていきます。

まずは駆動系を先に洗ってから、綺麗なスポンジに変えて全体を上から順に

この時BBやヘッドなどに直接水をかけてしまうとグリスが流れ出てしまうことがあるのですが、今回はオーバーホールなので気にせずしっかり洗っていきます。


この段階で綺麗なスポンジに黒い汚れがつかない状態がベストです。

そしてリンス。真水をスポンジに含ませてまた上から順に石鹸水をしっかりと落とします。


その後しっかりと水切り。

ハンドル、フォークを下にしたほうが早く水を切れるのですが、店でやる場合は軽く水切りした後にコンプレッサーで水気を吹き飛ばすので問題ありません♪

フレームの水切りをしている間にMAVICキシリウムSLS、フリーボディのメンテナンス♪


ちなみにこの車体は10sなので、MAVICの1.75mmのスペーサーとシマノスプロケに付属の1mmスペーサー両方入っています。

もちろんスプロケも分解清掃していきます。


そして、いざフリーボディのメンテナンス。こちらのトピックは割とネットでたくさん上がっていますので細かな説明は省きますが、ラチェット部の回転性能と伝達性を保つために定期メンテナンスが必要なのです。

開けてみるとこんな感じ。

黒く汚れています。この汚れを一度綺麗に落として…

そしてMAVIC純正のミネラルオイルを塗布していきます。

(ここの画像を撮り忘れてしまいました…)
また、ベアリングもチェック。こちらは問題ありませんでした。


ホイールはこのように前後確認して組み付け直して完了。
次にボトムブラケットをチェックしていたら問題発見。

これは…右側のネジが4分の1ほどなめてしまっています。

おそらくいつか脱着した時に斜めに入って無理やり締め付けたのでしょう…


ワンの方は大丈夫そうですが、タップを切り直すか迷うところ。

ひとまずBBは発注です。

最も力の加わる所と言っていい箇所、細心の注意を持って加工する必要があるのです。
さて、作業を進めていきます。

各部パーツをバラし、クリーニング・注油をしていきます。

こちらはリアディレーラーのプーリー。


こちらもしっかりと綺麗にして、注油をします。

ちなみに、105グレードまでのプーリーはどちらもブッシュタイプで、ベアリングが入っていないのです。

セラミックにするかどうかは別として、シマノの上のグレードのベアリング入りプーリーにするだけで回転性能は格段に上がるのです。

見た目的にはKCNCとかのアルミ削りだしプーリーにすると色も入ってカッコ良いのですが、特にガイドプーリーは適切な遊びがなくなり変速がシビアに…迷うところです。

(すみません、プーリーネタもご存知の方が多いかもしれませんね!)
また、ブレーキパッドに残っている砂や金属片を取り除きます。意外と気付かない方が多いのですが、確実にリムの寿命を低下させるので、定期的に確認しましょう。


続いてフォークを外しヘッドパーツの確認をします。


グリスがだいぶ黒くなっています。


フォークもこんな感じ。カートリッジベアリング表面のサビの影響で、アルミコラムも赤茶けています。
全て一度洗浄し、グリスアップをしていきます。

今回はカートリッジベアリング内のグリスも劣化していたので、一度クリーナーで汚れを落として、グリスを封入します。


さて、あとはBBの入荷を待って組み付けるだけなので、パーツが外れた今のタイミングでフレームのコーティングを♪ワコーズのバリアスコート、ガラス系のコーティングで強力長持ち!こちら、一箱¥3,240なのですがセダン5台分程施工出来るようで、自転車なら相当使えますね!

販売もしていますので是非お試しください♪

パーツを組み付け始めてからの画像しかありませんが…マイクロファイバーで薄く均一に塗り伸ばしコーティングしていきます。

ちなみに、こちらご自宅でやられるようであれば、換気には十分ご注意を!!!

少量でもかなり強烈です(笑)

さて、後はパーツ待ち。

一旦保留です。

後編はまたお伝えします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください