変速不良?STIレバー内でのケーブルほつれにも要注意!

こんにちは!

 

最近STIレバー内でのシフトケーブルホツレ、ケーブル切れでの持込みが続きました。

 

IMG_2016 IMG_2017

こちら、原因としては様々なことが考えられます。

 

・トルクをかけている状態での変速

・アウターケーブルキャップの変形

・STIレバー内の汚れ

 

などなど。

 

ただ一番多いのは無理な変速によるホツレや切れ。

 

競技で使われている方は、どうしてもアタックやスプリント中に変速をしたりするので消耗も早いです。

 

ほつれていたり、切れかかっていると上りも下り共に変速がうまく決まらなくなります。

「ただの変速不良」と判断してケーブルテンションを調整しても上手くいかない時は、STIレバー内をチェックしてみてください。

 

レース中、ライド中に切れると『トップ固定』で大変なことに。。

 

競技をされている方は1年に一度など決めて交換している方も多いですね。

参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください