新型SONOMA ADVENTUREの更にパワーアップした魅力!!

こんにちは!きょうはあったかいですねー(-v-)本日も19時まで店舗営業!尚明日9日(金)はサイクルモード2018視察のためお休みを頂きます。何卒ご了承くださいませ。

 

さて、本日は天気も良いので組みあがったばかりの

Riteway Products JAPANの新型SONOMA ADVENTURE!!!こちらは試乗車で営業中はいつでもお試しいただけます。

 

細身のフレーム、ドロップハンドルに武骨なMTBホイールという組み合わせは健在。ちなみに前作はこんな感じでした。

(https://cycledays.jp/2018/03/15/sonoma-adventure-impression/)

 

 

<旧型、新型の主な変更点>

・スチール+クロモリフレーム⇒軽量ダブルバテッドのクロモリフレームへ変更、フォークもクロモリへ変更になったことで車体全体で約1kg軽くなりました♪また振動吸収性も向上しています! 

 

・29x2.1インチタイヤ⇒650x45BのMTBタイヤか、700x35Cのフルスリックタイヤが選べるようになりました。29インチタイヤの方が走破性は高いですが、650Bのほうが明らかに取り回しはしやすくなりましたね。700x35Cタイヤにしちゃえばかなり軽快に走れます。 

オプションパーツとしてホイール、タイヤも別で販売しているので、ぜひ650B・700Cどちらも持っておいてシチュエーションによって使い分けてほしいですね♪

 

・ハンドルクランプ径が26.0から31.8mmに変更、ステムも4本ボルトに変更されて剛性が格段にアップ!!

 

・STIレバーがTurneyクラスからClarisクラスにアップグレード!ケーブルはバーテープの中を通り、さらにフレームの中を通ります。

 

・ディスクローターがセンターロックに変更、これにより制動力アップ!

 

・ダボ穴がこれでもかというほどに増えました!!ボトルケージ、各バッグ、キャリア類が取付しやすくなります。ボトルケージだけで考えればなんと最大7本のボトルが取り付け可能!!!(笑)

 

・ 

 

<乗ってみた感想>

前作の29インチホイールはとにかくどんな段差も乗り越えていく感覚で面白かったのですが、どうしてもその分走り出す時に重く感じたり、少し取り回しがしにくく感じることもありました。 

 

今回650B(インチにすると約27.5インチ)のモデルに乗ってみて、走破性はそのままに小回りがしやすくなったことで、さらに舗装路から未舗装路まで扱いやすいバイクになったと感じました。 

そしてハンドルクランプ径が太くなりステムが2本固定⇒4本ボルトでの固定になったことで、ギュッとハンドルを握って坂を上ったりペダルに力を込めてもロスなく推進力に伝わる感じがあります。

 サイクリングロードの未舗装区間をハイスピードで突っ込んでもバイクが暴れることはなく、それでいて細かく切り返して登るところも安定したハンドリング。舗装路やフラットダートでの最高速は29インチのほうが分があるのでしょうが、一台で色々楽しむには良い一台ですね。

 

路面を気にせずにどんなところでも行けてしまうので、新しい道を開拓したくなります。そして、きっと未舗装路を探してしまう事でしょう(-v-)

休みの日にはこれにバイクパッキング用バッグや各種キャリアをつけて里山サイクリング&コーヒーブレイクなんて良いですね。

 

もしホイールが2セットあるなら、本格的なオフロード用に1セット。普段の利用にもう1セット用意しておくとか。 

 

 

価格も89,800円(税別)とライトウェイブランドらしく安い!!!

ちゃんとしてるのに安い!お勧めです。

 

皆様是非試乗にいらしてください♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です