キャノンデールCAAD12のオーバーホール作業

こんばんは、店主佐々木です。今週はオーバーホール作業が盛りだくさん。以前はちゃんとこうやって記事に残していたのですが、最近は時間の都合でお客様に画像をお送りするか、店頭で画像説明するのみでした。ただやはり、お客様としてもwebに乗っていると嬉しいそうで、

今回は意を決して^^;ブログ書きます。グローブしてたりグリスまみれだったり、手が塞がってたりする作業は撮影できませんが、お客様の愛車がどのように整備されているかご覧頂けるように♪

今回はお持ち込みのCAAD12のオーバーホール。こちらのお客様は当店で新しいバイクもバラ完でオーダー頂いたお客様。いつもご利用有難う御座います🙇‍♂️

こちらのCAAD12、購入後しっかりと定期的にメンテナンス、そしてオーバーホールも実施されていたとのこと♪

これまでの整備履歴を読み取りながら。そしてその作業されたメカニックさんと時間差で対話するような感覚で^_^しっかりと整備を実施させて頂きます。

オーバーホール作業の場合はまずはスタッフが予洗いを実施。その時点で確認できるパーツの消耗度合いなどは確認しておきます。

さて、早速作業開始。一つ一つパーツを取り外していきます。その時に、どのように組まれているかもしっかりと確認しながら。トルクはどうだったか、組み付けのグリス他塗布物、ケーブルのエンド処理などを確認するのです。

写真は順番が実際の作業工程とは異なるものもあります

BB30は正しい組み付けと正しいメンテナンスがとても重要

キャノンデールといえばBB30 規格。『異音』でお馴染みのように言われますが、正しく組み付け&正しくメンテナンスしていれば異音は発生しないです。今回メーカー指定のグリスではないものが使われていたのでスピンドルとベアリングの間のグリスが抜けてしまっている状態に。指定のグリスが無い状態で使ってしまうとクランクスピンドルがベアリング型に焼き付き、傷付きが発生してしまったり、スピンドルが削れてガタが発生する事があります。

回転は悪くなかったのですが、グリス無しでスピンドルと嵌合していたのが気になるので、ベアリングも交換。当店はキャノンデール正規取扱店ですので、純正のBB30ベアリングをチョイス。

上が純正、下が社外品
左が純正、右が社外品。

(BB30、もちろん、メリットデメリットありますが、店主佐々木が競技機材をチョイスするとすればやはりBB30のバイクに乗りたい。その理由は長くなるので店頭で^^;)

サークリップは問題なさそう。もちろん取り外してフレームもサークリップもクリーニングします。BB下ケーブル受けはアルミプレートのないタイプだな🤔
クランクボルト取り付け部にシマノグリスが塗られている。前回の整備店はキャノンデール正規取扱店ではないのかな?ただ色々創意工夫をしたのは読み取れる
ちなみに、キャリパーブレーキローラー部にもシマノグリスが!なるほど、意図はわかる…でもしっかりとクリーニングして注油しておきました。
ここがじゃりじゃりすると一気にブレーキが重くなるんですよね!もちろん油が切れて錆びても重くなる。ただここがグリスだと、汚れを拾いやすく、実際ローラーに擦れあうアーム内側は傷が…。ちなみにフロントブレーキはナットのサイズ選択ミスで、ネジの噛みが甘かったので交換しておきました…
グローブをしていたり、その他作業の都合上全ての写真がおさめられないことも…クランクはスピンドル、クランクアーム、チェーンリングともちろん全てバラして洗浄、規定トルクで再組み立て。
基本的に貧乏性なので使えるパーツは使えるよう、洗浄と注油、グリスアップを進めますが…
プーリー歯の消耗だけでなく、側面の傷により最終的に交換する事にしました…
シフトインナーは交換必要、アウターはそのまま使用できそう。ただエンド部はカットして整えます。
せっかくニッセンのアウターインナーセットが使われてるのにブレーキが違和感あるなと思ったら、さっきのブレーキキャリパーローラー部と、アウターのエンド処理に理由が…うーん。いろいろ考えて組まれているのですが…正直「惜しい」ところが色々…
完全に真っ平らに綺麗である必要はそこまで感じませんが、エンドのコイルと樹脂スリーブとの位置関係が重要で、それがずれてると、アウター角度によってはしっかりと抵抗になります…
あと、このノズルが大事。つかれば良いってものではありませんが、このバイクはこれの有無によってブレーキフィールが別物になります。
ちなみにこういうグロメット部やアウターキャップは汗などで意外と腐食し取れなくなる事もあるので、Viprosの耐塩水グリスを薄く塗って取り付けしてます。
シフトアウターキャップもノズル付きに変更。またこのモデルはケーブルライナー必須です。古いスピンドルについた2本の傷はおそらくライナー無しかつ、通し方を間違ったかBB下ガイドが割れたかで、ケーブルがスピンドルに接触して乗られていた期間があったのではないかと…
ヘッド、フォーク周りはとても綺麗!考え方が異なる部分はありますが、それでもちゃんと一生懸命考えて組み立てられているのがわかります
とても綺麗でしたが、少しグリスチョイスが軽めのものだったような。これは考え方様々ですが
ヘッドベアリングの状態も非常に良好!もちろんバラして洗浄、グリスアップを実施します。完全密封型なのでベアリング内部はデュラグリスを使用。
雨でも乗られる方なので、ヘッドワン、ベアリング表面のグリスは共にブレーキプロテクターをチョイス。
トップは上から耐塩水グリスを塗布。ここはブレーキプロテクターだとハンドリングがヌメっとする事もあるので、ブレーキプロテクターを控えめにして、ヘッドトップキャップとベアリングの間に耐塩水グリスを馴染ませるイメージです
当然溢れるので、余分なグリスは拭き取ります
プレッシャーアンカーの位置も修正
これはアンカーによって異なり、またメーカーの指示も微妙に異なったりしますが
ケアすべきは、ステム締結とアンカーの関係性。そしてもちろんステムトップキャップとの関係性や球当たり調整など。総合的に判断します。ちなみに本来であればコラム長がもう3mm長く、上に5ミリのスペーサーを乗せたいところ…あるいはポジションを5ミリ下げたいところ。
フレームとBBベアリング、またベアリングとスピンドルにもしっかり指定グリスを塗布。

ホイールのメンテナンスは手が汚れている事がお送り画像少なめです…

まずはフリーボディを見て…なるほど。ベアリング外側にもしっかりグリスアップされている。これは通常やられていることは少ないのですが、このフリーボディ外側ベアリングが錆びる事が多いので、そのケアのためかな🤔このお陰かわかりませんが、フリー外側ベアリングは非常に良好!勉強になる…
ただハブベアリングのシール外側にも大量のグリスが…これの意図は…??
シール外側にこんなにグリスが。その意図は…??
…しまった…拡大撮影できていなかったのですが…シールに複数の破れが!それを表面のグリスアップでケアしていたようです。デメリットもありますがしっかり効果はあったようです。
内側のシールに不思議なテープが…
こちらは敗れていたのでそれを補修したようでした
フリーボディももちろんメンテナンス
フリーボディのスプラインにも、ブレーキプロテクターを塗布するのが好みです。もちろんこれもデメリットもあります。
あと、エンド金具が大きく曲がっていたので交換しました!
うーん…複数対応しながらの作業で…すみませんバタバタしていて作業場が汚すぎて恥ずかしいです…

あるあるなのですが…バラシ、洗浄、組み付け準備段階の画像わよく撮影するのですが、組み付けはリズムで一気にやってしまうので非常に画像が少ないのです💦

というわけで完了!!きっと違いを感じて頂けるはず。
タイヤはオススメのMAXXISハイロードSLに。

長くなりましたがお付き合い頂き有難う御座いました。

毎回記事を書く自信がありませんが、なるべくがんばります^^;

続編!とっても嬉しいことがありました

こんばんは。本日もご来店、ご利用いただきました皆様有難うございました。今日は通学用・普段乗り用MTBについてのご相談を多くいただきました♪街乗り=クロスバイクという印象がありますが、ユーザー様それぞれの走るフィールド・かなえたいイメージなどによってご提案車体が大きく変わってきます(-v-)最近は6万円以下で油圧ディスクブレーキ&ロック付きサスペンションを備えたバイクが手に入りますからね!!高品質は安全性能!
今日もお子様用にMTBを一台ご成約頂きました。

また今日はローラー台、パワーメーター、またそれにまつわるトレーニングについてのご相談も。こんな天気ですが金曜日からはぐっと気温が上がります。ゴールデンウィークもすぐそこですから、ご検討の方はどうぞお早めにご相談ください。直前になると御納車が間に合わない可能性がございますので(><)

さて、今日も前置きが長くなってしまいましたが、、 続きを読む

とっても嬉しいことがありました!-どこにお金をかけるか-

こんにちは、本日も営業開始から多くのご来店有難うございます!
さて、なんだか予報よりも早く降ってきてしまいましたね。。昨日友人からクロスバイクで初の自転車旅、東京から熱海に向かった彼は大丈夫かな。。(><)

そうそう。昨日はとっても嬉しいことがありました。 続きを読む

レースメカニックがお届けする自転車定期点検のススメ 大磯クリテメカレポートより

こんにちは、店主佐々木です。本日からまた一週間、頑張りましょう!!
 
さて、今日はレベルを問わずに自転車競技に参戦されている皆さんに 「定期的に点検実施してください」という願いを込めてブログを書きます!もちろん自転車に乗られているすべての皆様にとって重要なことです。
今回は昨日開催された大磯クリテリウム2018-19シーズン第5戦でのメカニックレポートをお届けしながら『点検の重要性』お伝えしてまいります♪
競技として自転車に乗られている方は是非チームメイト・後輩達に教えてあげて下さい。仲間とのグループライドを楽しんでいる方は是非周りの人に教えてあげてください。より多くの方に届き、安全な自転車が増えますように。

続きを読む

チェーン交換ってそこまでするの!?せっかくエコな自転車だから…♪

*あ、また長文になってしまいました。。(><)*
こんにちは、佐々木です。今日も穏やかな一日。毎朝メカニックスペース奥の窓を開けるのですが、なんだかハートの形に見える葉っぱがたくさん。窓から見える空き地のたったこれだけのスペースにも季節の変化や気づきがあるから面白いのです(-v-) 
  
さて、昨日は 続きを読む

こびりついた泥汚れにはこれ!!!

そうそう、最近ライドの途中の寄り道によりぬかるんだ所を歩くことが多く、シューズのソール・クリートにびっしりと泥汚れがこびりついてしまう事が。。。これ暫く放っておくとがっつり固まってしまって、水やブラシでは簡単に落ちてくれません。 

そんな時に活躍するのが…『ナノテックバイククリーナー』!!!!(愛くるしい青い2頭身キャラクター風に)
 CF003859-AA51-463A-A5D9-983BD308C246

当店で取り扱いしているケミカルブランドの一つ、Muc-Offのクリーナーです。いや、現在カタログでは『サイクルクリーナー』パッケージでは『ファストアクションバイククリーナー』と名前が変わっているのですが、実際のこの商品のすごさを表しているのは『ナノテック』の方!!!
こちら、元々はフレームの洗浄用。MTBのオーバーホールには欠かせないクリーナーです。原材料を『ナノ』、分子レベルまで細かくすることにより、汚れにより深く浸透!ドロドロに汚れたシクロクロスやMTB、現場に水とこの『ナノテックバイククリーナー』があれば簡単に綺麗に、そしてその後の汚れや錆を予防することが出来るのです!
これはもちろんロードにも言えること。ダウンチューブ下やリア三角の泥・砂汚れをフレームを痛めることなく除去できます。
 

生分解性、無毒なので安心して使用できます。もちろんマットフィニッシュのフレームにも使用できます!
 

そしてそして、冒頭の通り
シューズにも使えます。泥汚れはしっかり分解してくれて、そのほかの表面の汚れも落としてくれます。そして素材を痛めないので安心!

6DE315F5-D839-45A0-BBA6-C8A3F59DDD53
是非是非試してみてください。 

*使用方法などを誤ると効果が得られなかったり、対象物にダメージを与える可能性が御座います。ご不明点は是非お尋ねください!!*

*緊急開催 参加費無料!* 点検・メンテナンスセミナー

「愛車のメンテナンス、出来ていますか?」

毎回点検、メンテナンスの重要性をお伝えしていますが、最近点検・メンテナンス不足によるトラブルが多かったので、今回はセミナーという形で直接皆さんにお伝えしたいと思います。

サイクリングをより安心して快適に楽しむための点検・メンテナンスセミナー。1時間程度の短いセミナーですので是非ご参加ください。

 

<対象者>

スポーツタイプの自転車に乗られている方

<セミナー内容>
・点検、メンテナンスの重要性について
・自分でもできる!!基本点検実演
・よくあるトラブルについて
・質疑応答

<タイムスケジュール(予定)>

13:00 点検・メンテナンスの重要性

13:15 基本点検実演

13:30 良くあるトラブルについて

13:45 質疑応答

14:00 セミナー終了

<講師プロフィール>
佐々木亮 
自転車安全整備士 自転車技士

1984年生まれ。愛知県名古屋市出身
19歳でスポーツ自転車に関わる仕事に出会い、環境に良く健康的なライフツールとしての自転車の可能性に気付く。社内では関東エリアの責任者、メカニックトレーナー、セミナー講師として勤務。約10年間のサラリーマン生活を経て29歳の時に海外修行旅へ。主にアフリカのナミビア共和国にてバイクチャリティや青少年サイクリングチームの運営に携わり、帰国後2016年4月に小田原駅近くにCycle Daysをオープン。半地下の駐車場を改装した秘密基地のようなガレージスペースで、日常をちょっとだけワクワクさせてくれる『自転車のあるライフスタイル』を発信している。